ワークスタイル:順心リハビリテーション病院

Hospital / facility introduction

  1. HOME
  2. ワークスタイル
  3. ワークスタイル:理学療法士

理学療法士

画像

今福 健太郎 平成30年4月入職 兵庫医療大学卒

私は、患者様が自宅に帰られてからも、その人らしい生活ができるように支援することを目標として理学療法を行っています。そのためには患者様が望まれていることに耳を傾け、多種職が連携し、患者様のリハビリテーションを進めていくことが重要であると考えます。当院は社会復帰・在宅復帰を支援する回復期リハビリテーション病院であるため、私の志しに沿ったリハビリテーションが提供できると考え、入職しました。

入職する前は、理学療法士として働くことに不安な気持ちでいました。しかし、先輩方によるアドバイスやラダー制度を用いた新人教育により、今では働くことに楽しさを感じています。また、当院のセラピストの方々はリハビリテーションに対し意欲的な方々が多く、臨床で活躍できるような理学療法士を目指すための環境は整っていると感じます。

今後も初心を忘れることなく、自身のスキルアップを図りたいと考えています。興味を持たれた方は、是非一度見学し実際の当院の雰囲気を感じて頂けたらと思います。

  1. 8時40分 ミーテイング

    リーダーから本日の注意事項、カンファレンス予定、患者の状態確認などの指示を受けます。また、病棟から申し送りも確認します。




  2. 8時50分 理学療法開始
    前日に組まれたスケジュールに従い、患者へ理学療法を実施します。病室で更衣や整容の練習をすることもあります。





  3. 11時10分 入院時訪問
    5日前に入院した患者の自宅を訪問し、玄関・トイレお風呂などの環境を評価し、訓練に取り入れます。




  4. 13時00分 理学療法開始
    リハビリテーション室だけでなく、病棟や屋外での訓練も実施します。屋外に行く時はPHSを携帯し、いつでも連絡が出来るようにしています。




  5. 15時30分 症例検討会
    チーム内でセラピストが順番に症例報告を行います。先輩から様々なアドバイスをもらったり、経験談を聞くことができます。



  6. 16時30分 主治医への相談
    病状とこれからの理学療法の進め方について、主治医からの指示と注意事項の説明を受けます。



  7. 17時15分 チューターとの連絡相談
    新入スタッフにはチューター(指導係)を付けます。チューターの指導のもと、当院で働く理学療法士としての基本を学びます。
  • スケジュール画像
  • スケジュール画像
  • スケジュール画像
  • スケジュール画像
  • スケジュール画像
  • スケジュール画像
  • スケジュール画像

Page top