高砂白寿苑

Hospital / facility introduction

  1. HOME
  2. 病院・施設紹介
  3. 高砂白寿苑

施設紹介


画像周囲を山で囲まれた自然豊かな場所に位置し、同敷地内には特別養護老人ホーム・障害者施設を有し、医療・福祉の垣根を超えた連携ができる施設です。高砂白寿苑では自宅での暮らしをどうすれば再開できるか話し合い、又、在宅サービスとの連携も図り、【自宅での生活を取り戻す】を実現すべく、日々努力を重ねています。

施設で求める人材

求める人材は「完璧な人」ではありません。専門知識の有無、技術的ばことや学歴といった要素だけではなく、どんな想いで仕事に取り組むかを大切にしています。

各職種紹介~先輩からの一言~

看護師

 看護師は服薬管理、口腔ケアはもちろん、理学療法士や作業療法士と連携し、食事や入浴など、在宅での生活を常に意識した看護の視点で入所者のケアを行っています。
 又、入所者様は病状が安定しているとはいえ、急変することもあります。いつもと様子や表情が違う、慢性疾患の悪化や薬の影響をみられる症状がある等の場合には、より注意深く観察して緊急性を見極め、医師に報告したり、救急搬送の必要性を判断したりする必要があります。日中は医師への報告とその指示で動くことができますが、夜間はほぼ看護師が対応することになります。経験が豊富でアセスメント能力が高い看護師が求められます。とてもやりがいを感じられる職種です。

介護福祉士(介護士)

 介護職員の仕事内容は、主にご入所者の身の回りのお世話や介助が中心。具体的には、日常生活におけるお世話や、歩行・食事・入浴・排泄などの身体介助、そして通院同行、レクリエーションの実施、緊急時の対応などをおこないます。基本的には在宅生活への復帰が目標となるため、特養やその他の老人ホームよりもご入所者の回復・復帰を意識したサービス提供が重視されます。リハビリをおこなう専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士など)との連携やサポートも重要なお仕事になります。

リハビリ

 老健は在宅支援や病院からの在宅復帰、すなわち利用者が「自宅で生活ができるようになること」が一番の目的で、ADL(日常生活動作)を高めるリハビリを担うセラピストは、老健にとって絶対不可欠な存在です。リハビリを実施する事で、日常生活場面に介入し、能力が向上したり、利用者様の笑顔が植えたり、感謝の言葉を頂いた時にやりがいを感じます。

支援相談員

 支援相談員は、その中で、利用者・家族と施設を繋ぐ相談窓口のような役割を担っています。利用者の受け入れ、利用者の日常的な相談、利用者の家族からの相談にのり、利用者をサポートしていきます。また利用者・家族の思いを汲み取り、多くの職種と連携し、より良い生活を送れるようにサポートしていきます。介護老人保健施設は、在宅生活を続けている方、在宅復帰を目指す方、入所生活を希望される方など、多くの方に対して対応ができる唯一の施設だと思います。仕事をしていく上で、様々な場面に遭遇し知識が増えていき、様々な人に会う事で、日々、自分が成長することができる職種ではないかと思います。

ケアマネージャー

 入所者様の「その人らしい自立」の実現に向けたケアサービスの提供を行うために施設サービス計画書を作成します。
施設サービス計画書では、入所者様及びご家族様の希望を尊重し、心身の状況や病歴を把握して、入所者様一人ひとりの生活を支援するため、日常生活全般における課題を分析し、過不足のないサービス提供を心がけます。そのため、日々、入所者様と接するサービス提供者となる各々の専門職(医師・看護師・介護職・リハビリスタッフ・支援相談員・管理栄養士等)から入所者様の日常的な情報を共有できるように定期的にサービス担当者会議を開催し、施設サービスが適切に行われているか評価・見直しを行います。
また、施設内の各種書類の作成や入所者様の要介護認定の更新申請手続きの代行も行います。

各部署紹介

画像


看護介護部

 一般棟・認知棟を有し、利用者様の状態に合わせたケアを行っております。日常生活に必要あなケアをもちろんの事、季節行事を行う事で利用者に季節を感じて頂けるよう取組んでいます。施設は在宅復帰を目標に、個人の残存能力を生かし、自立支援を掲げてケアを行っています。どうすれば1つでも自分でできる事が増えるか、スタッフ間で話し合い日々の生活を送っています。



画像


通所リハビリテーション課

 高砂市・姫路市西部に居住されている方を対象に、当苑にてリハビリ・昼食・入浴のサービスを行っています。又、季節行事や外出など、普段自宅でできないような事を積極的にサービスとして提供しています。


画像


リハビリテーション課

 PT・OT・STの3職種が在宅復帰に向けて生活を重視したリハビリを実施しています。看護・介護との多職種連携でのアプローチも積極的に取り組んでいます。



画像


訪問リハビリも行っています!

 安全でより楽しい生活が送れるよう、家族とも相談し、買い物訓練・電車乗降訓練など社会に出る訓練を積極的に行っています。又、必要に応じSTを派遣し、嚥下訓練を行う事もあります。
訪問リハビリは生活空間に入って行えるリハビリであり、通所サービスと併用する事でより効果的なリハビリが行えます。



Page top